女性

フローリングワックスが傷をしっかりガード

仕上げコートの種類と方法

フロアコーティングには仕上げコートにいくつか種類があり、防水コートや光沢コートのような効果など生活の支えになるような仕上がりを考えると良いです。子どもがいる場合には防水コートにしておくと家掃除がしやすくなるため、この仕上げ効果はとても役立ちます。

フローリングの手入れ

フロアコーティングを行うことでフローリングの耐久性を高めることができます。ワックスのように頻繁に塗り替えを行う必要がありませんので便利です。きれいな状態を保つだけでなく、掃除の手間もかからなくなりますし、部屋全体を明るくすることができます。

床本来の美しさを取り戻す

レディ

剥離作業がポイント

床は、フローリングワックスをかけることで、毎日の生活で出来る傷から保護することが出来ます。色々な種類が市販されており、自分でもできる手段として人気があります。しかし、フローリングワックスはかけると美しく光沢を帯びるようになるために、それだけで満足している人も多いでしょう。しかし年月と共に段々と黒ずんできてしまうことも少なくありません。この原因はフローリングワックスの剥離作業です。本来、一般的なフローリングワックスである樹脂ワックスは、再度塗る前には今塗られているワックスを剥離することが求められています。しかし多くの家庭ではこの剥離作業を行うことなく、掃除をしてきれいにした状態で上に重ねて塗っています。毎日きれいに掃除をしていても、ワックスの表面には細かい傷がついているために、そこにゴミや汚れが溜まっていきます。それをきちんと取り除いた状態で新しいワックスを塗らないと、床本来の美しさは取り戻せないのです。ただし剥離作業というのは一人で作業できるものではありません。完全に剥離できるまで何度も同じ作業を繰り返す必要があり、剥離剤を水で薄めるために床が反り返ってしまう可能性もあります。つまり、フローリングワックスをきれいに塗るのであれば、業者に依頼して剥離作業とセットで行うといいのです。市販のワックスが高いものでも数千円程度で購入できるのに対し、業者に依頼すると20畳ほどのリビングでも2万円以上かかります。ただしこれらの一連の作業をたった一日で完了させてしまう機材をプロは持っているので、時間と労力と床の保護を考えたらそう高いものではありません。ワックスの際の養生や家具の移動などは料金に含まれているので、一度見積もりを取ってみるといいでしょう。

床のダメージの修復

知らず知らずのうちにフローリングの床というものはダメージが蓄積されてしまうものです。しかし、ダメージが蓄積されてしまった床であってもいくつかの工程を経てフロアコーティングを行うことで、床の汚れや傷が目立たなくなるだけではなく耐久性をアップさせることができます。