メンテナンス契約の方法

エレベーター

マンションのエレベーターの保守点検には、劣化した部品の交換なども行ってくれるフルメンテナス契約と一部の消耗品の交換のみのPOG契約があります。長期スパンで見た場合、比較することは難しいですが、いずれにしても、適切なメンテナンスを行うことで長期間の利用が可能になります。

詳しく見る

安全に使うためには

工具を持つ人

エレベーターは現代ではあらゆる場所で使われるようになっていますが、可動するものだるため定期的なメンテナンスが安全に使う上でも欠かせません。このため定期的な保守管理を行うことが安全を保つだけでなくエレベーターを長く安全に使うことにも寄与します。

詳しく見る

業者の選定について確認

手

エレベーターの保守における業者の選定について、確認しておくべき点を2点お伝えします。1点目は、緊急時の保守対応の度合いについて確認しておくことです。2点目は、保守費用の根拠がはっきりしているかを確認しておくことです。いずれも選定基準としては重要な点ですので、しっかり確認しておきましょう。

詳しく見る

マンション管理の必須課題

男性たち

マンション管理においては、エレベーターの保守点検が特に重要となるため、信頼できる業者と契約しましょう。フルメンテナンス契約を結んでおけば不測のトラブルも迅速に対応してもらえますし、保守点検から修繕工事まで依頼できます。

詳しく見る

業者選びで気をつけること

エレベーター

エレベーターは保守点検を定期的に行うのが非常に重要です。業者に依頼するのが確実ですが、選ぶときはいくつかの点に注意しましょう。常に対応してくれるか、過去の実績は信頼できるか、値段に納得のいく説明をしてくれるかなどがポイントです。

詳しく見る

毎月の検査が必要です

作業員

部品は傷む前に交換します

エレベーターは建築基準法によって建物の所有者、管理者が管理維持する義務を定めています。事故が起こると人の命に関わるので、日々保守点検がとても重要になっていきます。人が閉じ込められたり、ブレーキ制御の不具合による挟み込み、エレベーターとフロアの段差のズレなど、万が一に備えて保守点検をしていきます。エレベーター検査者は一級建築士や昇降機検査資格者が行ないます。建物が稼働している間は常時保守が必要なため、安心できる保守会社の選定をしましょう。検査者は月に一度機械室の環境や制御盤、電動機巻き上げ機、ブレーク、調速機などを確認します。メンテナンスと共に定期的に消耗パーツを交換していきます。パーツやオイル、グリス、電球は消耗する前の交換が大切です。また、ロープの確認、清掃、パネルボタンの不具合も合わせてチェックします。これらの検査以外にも年に一度は法定点検を行います。国で定めた基準に達した場合には、定期検査報告済証のステッカーがエレベーターに貼ってあります。法令点検は行政への報告が遅れたり、怠った場合には罰金が科せられます。そのため、シビアにエレベーターを監視できるように保守管理会社ではモニターを設置して、遠隔操作で監視ができるように環境を整えています。毎月の点検と年一度の法定点検によって、毎日使用するエレベーターは安心と信頼を得ています。エレベーターに乗る際には報告済ステッカーが付いているか確認してみましょう。