メンテナンス契約の方法

エレベーター

長期スパンで考える

マンションのエレベーターの保守費用は安くありません。そのため、どのような形で保守点検を行ってもらうかは十分に検討が必要になります。マンションの設備の中でもエレベーターはかなりの部分を占めていますので、適切な維持管理を行っておかなければ、劣化が早まり予想以上に速いタイミングで更新をしなければならなくなる可能性があります。エレベーターの保守契約の方法としては、フルメンテナンス契約とPOG契約と呼ばれる2種類があります。フルメンテナンス契約では、保守点検の際に、通常の消耗品だけでなく部品などの交換も行ってくれます。POG契約とは、一部の消耗品のみの交換を行うメンテナンスになります。Pはパーツ、Oはオイル、Gはグリスの略で、消耗品やオイルや潤滑油などの点検のみになりますので、部品が劣化していた場合の修理などはすべて有償です。どちらの保守点検契約が望ましいかは、長期的な利用の中で結果を見てみなければわかりません。フルメンテナンス契約の場合には月額5万円程度かかるのに対して、POG契約であれば4万円程度ですみますが、古くなってくると様々な部品が劣化して修繕の必要性が生じますので、POG契約の方が経費が高くなる可能性もあります。いずれにしても、エレベーターは日々利用するものですから、日ごろから適切なメンテナンスを行っておくことが必要です。長期間利用するためには、しっかりとメンテナンスしておくことが重要なのです。