メンズ

フローリングワックスが傷をしっかりガード

床のダメージの修復

作業服の人

床を修復する工程

日常生活を送るなかで、知らず知らずのうちに汚れや傷などのダメージが蓄積してしまう部分がフローリングの床です。特に家の中でも人が頻繁に出入りする箇所のフローリングというものはどうしても傷が付きやすく、汚れやすいものです。もちろん、そのままの状態にしておいたとしても日常生活には特に問題はありませんが、見栄えというものを考えた場合には可能な限り早い段階で何らかの手立てを講じておく方が無難です。フローリングの床の傷や汚れを修復する方法としてはフロアコーティングと呼ばれる施工方法があります。このフロアコーティングという施工方法では、まず最初にフローリングの床の状態を確認する作業からスタートします。次の段階として床にワックスが塗られている場合、それを剥離したうえでアルコールなどで清掃を行うことになります。この部分までがフロアコーティングの準備段階で、次の過程では実際に床の修復作業へと進みます。床の修復作業では床の素材、傷や汚れの程度に合わせて最適な補修材を使用して床の凹凸を補修したうえで下地材の塗布作業を行います。この下地材の塗布作業は非常に大切な工程で、この後の工程で塗布されるフロアコーティング剤が床にしっかりと密着するかが決まってきます。下地材が床に塗布された後には用途に合わせたコーティング剤が塗布されますが、このコーティング剤のおかげでダメージが蓄積されてしまった床の修復ができるほかに、床材の耐久性をアップさせることができるようになるのです。